ベータカロテンとビタミンAの違い

何が違うの?ベータカロテンとビタミンAの関係

ベータカロテンとビタミンAの違いがよくわからない人が多いので、ある程度の知識は身につけておく必要があります。ベータカロテンは、かぼちゃやトマト、人参などの緑黄色野菜に含まれているカロテノイドの一種です。

 

基本的には、ビタミンAとベータカロテンは、違うものですが、ベータカロテンはビタミンAの原料になっており、必要に応じて体内に入ると、ビタミンAに変化します。

 

ビタミンAは脂溶性ビタミンの一種なので、食品だけで補う場合はほとんど問題ありませんが、サプリメントで補う時は過剰摂取を避ける必要があります。ベータカロテンは、脂溶性ビタミンではないので、体内に蓄積されることはないので、安心して摂取できます。http://www.glico.co.jp/navi/dic/dic_31.html

 

年齢を重ねると、視力が低下したり、白内障などの目の病気に罹りやすくなったり、喉の粘膜から風邪やインフルエンザのウィルスが侵入して、病気に罹りやすくなります。ビタミンAには、眼病を予防する働きがありますし、喉や鼻の粘膜を強化して、風邪やインフルエンザを予防する働きがあります。

 

普段の生活では、野菜中心の和食を心掛ける必要がありますが、ベータカロテンは、野菜を搾取したり、加熱をしても壊れにくい性質があるので、忙しい人は市販の野菜ジュースで摂取すると良いでしょう。

ベータカロテンを摂取した方が良い理由

人間は呼吸をしないと生きてはいけないので、体内に生活習慣病の原因になったり、老化の原因になる活性酸素が発生しやすくなります。

 

ベータカロテンには、優れた抗酸化作用があるため、がんや心臓病、動脈硬化などの病気を予防したり、美しい素肌や髪の毛を作る働きがあるので、積極的に補う必要があります。

 

年齢を重ねても若々しく、健康でありたい人が増えているので、毎日の食生活は大変重要です。ビタミンAが含まれている食品が多いですし、油を使って調理をすると体内への吸収が良くなるので、調理を工夫すると効率よく摂取ができます。

 

生活習慣や食生活を見直すことで、健康で若々しい体を維持しやすくなります。