ベータカロテンの効果

ベータカロテンの働きと期待できる効果

ベータカロテンは緑黄色野菜などにたくさん含まれているカロテノイドの一種です。英語でキャロットというニンジンの橙色のもとになっている栄養素であることから、この名前が付きました。この栄養素は本当に色々な効果があるものです。

 

例えば、抗酸化の作用が強いため、体の老化を抑制したり、髪、肌、爪などを健康に保ったりします。それから、ベータカロテンは体に取り込まれると、必要な量だけビタミンAに変換されてビタミンAとしての効果を発揮するので、プロビタミンAとも呼ばれます。

 

全てがビタミンAに変換されるわけではなく、一部は脂肪組織に蓄えられて、ベータカロテンとして作用します。

 

ビタミンAには、皮膚の粘膜の形成を助けて、肌の角質化を防ぐという作用があります。肌が乾燥したり、荒れたりすることを防ぐということです。ニキビ、シミ、クスミ、ソバカスを防いでくれます。シワを防いだり、肌を非常にきめ細かくしたりもしてくれます。

 

シミ、ソバカスの原因であるメラニン色素は、紫外線によって生じた活性酸素により生成されるのですが、ビタミンAは活性酸素を抗酸化の作用によって無害化します。

ビタミンAの視覚への働き

ビタミンAは視覚の暗順応にも関係しています。

 

ビタミンAが不足すると明るい所から暗い所に移動した時、目が慣れるまで時間がかかったり、物が見えにくくなったりする夜盲症になりやすくなります。

 

そして、前記のようにベータカロテンは抗酸化の作用があります。血液の中で悪玉コレステロールが溜まって酸化するのを防止する働きも、ベータカロテンはあるということです。動脈硬化の予防に繋がるのです。

 

動脈硬化が心配な人はベータカロテンがたくさん含まれた物を積極的に食べましょう。ニンジン、パセリ、ホウレンソウ、赤ジソなどがおすすめです。ミカンなど柑橘類、スイカなどもおすすめです。なお、生のニンジンよりも茹でたニンジンの方が、体の中でのベータカロテンの吸収率が高いです。